無職でもクレジットカードの審査に挑戦

■完全な無収入の無職はクレジットカードの審査に通るのか

何かをきっかけとして大きな現金や審査を手にしたことをきっかけとして仕事をやめてしまうなど無収入の無職になってしまうことはあると思います。不労所得がある無職のような方も居るとは思いますがここでは完全に収入は無いが、現金などの資産はある場合を考えたいと思います。

クレジットカードの審査においては安定した収入があるのかどうかということは非常に重要な判断要素となります。いくら貯金が多くとも安定した収入が無ければいつ使い切ってしまうか分かりませんので安心してお金を貸し出すことは出来ませんよね。そのためクレジットカードの審査は無収入の無職の方に対して非常に厳しいものとなってしまいます。ただ、これは個人として判断した場合であり親が資産家として安定した収入を持っているなど個人だけでは判断できないような場合も有りますのでこの点は注意してください。
さて、このような例外を除いて資産はあるものの安定した収入が無い場合は審査に通るのでしょうか。結論から言うとこのような無職である場合には非常に審査に通過することが難しくなってしまいます。この理由としては単純でクレジットカードの審査においては貯金金額といったものは審査の対象となっておらず、年収を把握するための源泉徴収票などしか利用されていないからです。

ただ、クレジットカード会社大手の「アメリカン・エキスプレス」などではクレジットカード会社では珍しく申告した資産の内容を審査に活用してくれるといったことをしていたりもします。安定した収入ではない以上、そこまで限度額が大きなものにはならないかもしれませんが他のクレジットカード会社よりは貯金や資産の金額次第ではクレジットカード発行の可能性のある会社では無いかとの印象を受けています。

クレジットカードの審査においてはやはり安定した収入が発生していることが重要となります。一般的には収入と呼ぶよりかは所得があるかどうかが重要だといわれています。この所得には一般的には先ほどのように相続などで手に入れた資産や宝くじなどの一攫千金で手に入れたお金は含まれていないわけですね。そもそもこれらの大きな収入というのは課税されないものもありますので収入の金額を証明できないということも有ります。

完全な無収入で審査に通過することは何度も述べていますが難しいものとなっています。何かしらの試算があるので有ればそれを利用して事業を始めるなど多少は収入が生まれるような仕組みを作ることで審査に非常に通りやすくなるでしょう。

■無職の方がクレジットカードの審査に通っている理由

無職の方でもクレジットカードを所有している方は多々居ると思います。これらの方はどのようにして審査を通過してきたのでしょうか。無職でもクレジットカードを所有したい方は気になる部分であると思います。なぜならクレジットカードの審査においては基本的には安定した収入があることが大前提となっているからです。そのため無職と言ってしまうと何も収入が無いように聞こえてしまいますしどのようにクレジットカードを手に入れたのか非常に気になりますよね。

このような方がクレジットカードを所有している理由としては以下のようなものがありますので順にご紹介していきましょう。
・現在は無職であるが定職に就いているときにクレジットカードを発行していた
このパターンが無職でもクレジットカードを持っているのに最も多いものではないかと思われます。クレジットカードの審査は利用途中で追加の審査が実施される場合もありますが、基本的には発行してからしばらくは中途与信と呼ばれるものはあまり実施されていません。会社を辞めるさいにはクレジットカード会社にも勤務地などの変更届けを出さなければならないのですが、どのタイミングでこれを提出しなければならないと定められているクレジットカード会社は少ないのが現状です。
クレジットカードの中には退職したことによって利用を停止されたり制限されるものもあるかもしれませんが、基本的には退職して無職になったとしても毎月の支払いを滞りなく済ませていればそこまで重要視されていないのが現状でしょう。ただ、クレジットカードの更新時に勤務地を確認される可能性はあるのでこの点は注意が必要です。

・本人は無職で家族カードを利用している
これも比較的多いケースだと思います。家族カードに関しては利用した本人ではなく本カードを利用している会員が請求金額を支払うのが通常です。そのためどのような人が家族カードを利用しているとしても、その利用金額が本会員の支払えると思われる金額の範囲内であれば問題ないことが多いです。このケースとして多いのは仕事している方と仕事をしていないその配偶者の方などがありますね。パートやアルバイトをしていなくともクレジットカードを持てるのは家族が安定した収入を得ているからだと考えられます。

・実は収入がある
厳密には無職とは言わないかもしれませんが、実は何かしらの収入がある可能性があります。多いのが不動産収入ですね。こういった収入は毎月安定した収入がありますので事業としていなくともクレジットカードの審査に通る可能性があります。しかし、収入の中でも安定しないものはクレジットカードの審査に通りにくいですので収入があれば良いというわけではありません。

■クレジットカードの審査には無職と書かない

時々クレジットカードの審査時に無職と書いても収入があったり資産があれば通過することができると紹介されているところがありますが、実際問題無職と書いてしまっては審査に通ることが非常に難しくなってしまいます。なるべく少しでも安定した収入があることをアピールできるような書き方をすることが大切でしょう。

無職になった理由は様々だとは思いますが多少なりとも何かしら収入があるのであればその点は記載しておいたほうが良いでしょう。アルバイトであればアルバイトと記入するべきですし、無職とは言いながらも自分でブログサイトを運営しているなど安定した収入があるのであればそれに沿った職業を選択してあげることが重要となります。確かに自営業といったものを選択しても会社員よりは審査に通過しにくいのは事実となっていますが、ちょっとでも収入があるのにも関わらず無職として申請してしまうよりかは遥かに審査に通過する可能性が高くなります。

クレジットカードの審査においては様々な項目が確認されていますが、大きな部分はどこでどれぐらい収入を得ているのかということです。どのような収入を得ているのかはあまり重要視されていないことが大半です。そのため安定した収入があれば職種に関しては気にしなくて良いでしょう。時折仕事として働いているわけではないもののインターネットを利用して広告収入を得たり、自分でちょっとした個人輸入などをして少額を稼いでいる方が申請を恥ずかしいと思うことがあるようです。このような方は貯金があるなど別の手段で普段は生活しているのかもしれませんがクレジットカードの審査においてはその点は考慮されません。どれぐらい安定して収入を得ているのかが重要となります。そのため少額でもお金を手に入れることが出来るのであればそれを利用しましょう。

また自分は仕事だとは思っていなくとも、毎月安定した収入があるのであれば家事手伝いなどもクレジットカードの審査においては認められることが多くあります。明確に職業としてきしすることは難しいかもしれませんが、項目の中から適切そうなものを選択すれば問題ありません。もし審査の過程において疑問だあればクレジットカード会社から問い合わせが来ますので適切に収入の状況を説明すると良いでしょう。

クレジットカードの審査において無職と書いてしまうのは非常に不利な状況となってしまいます。投資なども含めて本当に収入はないのかよく考えてもらいたいと思います。

■無職でもクレジットカードの審査を突破したいなら申込書に注目すべし

無職でクレジットカードの審査に突破するのは難しいとされます。しかし、申込書を少し工夫するだけでも、審査は有利になります。無職だからと言って、クレジットカードを持つのを諦める必要はありませんよ。

申込書には本当のことを欠かなければなりません。しかし、すべてを正直に記載する必要はないのです。無職と言っても、収入を得るようなことを行っているケースも有るのではありませんか。そのようなケースは無職としないで他の書き方をする、といった方法もあります。

こちらでは無職の方がクレジットカードに申し込みをおこなうときに、どのように記載していけばよいのかを詳しくお話します。

■ちょっとしたアルバイトをしているのであれば、バイトと記載してしまう

・定期的にバイトしていなくても問題なし

1年のうち1ヶ月から2ヶ月しかバイトしていないで、あとは家事手伝いを行っている、というかたもいるのではありませんか。そういった方はバイトと記載しても問題はありません。確かに、安定した定期収入といった部分からはかけは萎えれてしまっていますが、完全なる無収入ではありません。いっていの返済能力があるのです。

■携帯電話番号ではなく固定電話番号を記載する

・固定電話番号のほうが評価は高い

携帯電話番号を記載するケースが多いと思います。しかし、申込書に固定電話番号を記載したほうが評価は高くなるのです。固定電話を持っているのであれば、固定電話番号を記しましょう。

■無職でも確定申告をしていればクレジットカードの審査に通る!?

一般的に働いているとは定職について収入を得ていることを指していると思われます。しかしながら世の中には定職とは言わなくとも何かしらの手段を利用して収入を得ている方が様々居ることでしょう。例をあげてみますと外貨を利用して収入を得ている方(多くの場合はいわゆるFX)、パチプロと呼ばれるような遊技機を利用して収入を得ている方、競馬などの公営ギャンブルを利用して収入を得ている方などがここに当てはまると思います。また最近ではブロクなどを利用して広告収入を得ているかたや、大手の動画サイトを利用して収入を得ている方も正確には定職とは言わないもので収入を得ているでしょう。

こういった方法によって収入を得ているものの、実態としては無職である場合にはクレジットカードの審査に通すために確定申告をしておく必要があるでしょう。確定申告をしているということはそれだけ自分の収入を公に証明できるという事になります。いくら収入があったとしてもそれを客観的に証明することができなければクレジットカードの審査に通過することは難しいでしょう。クレジットカードは資産と収入の両面から発行の可否を判断しているものとなっています。一時の大きな所得だけでは安定した収入とは言えないため無職では審査に通過できないこともありますが、上記のような収入を得て確定申告していればそれはもはや無職とは言わなくとも良いでしょう。クレジットカードの申込時に職業を選択する部分があると思いますので、自分が収入を得ている方法に合致するものを選択すれば良いと思います。

クレジットカードの審査においては定職についているとか、どこかの企業で働いていることが重要だと思われている方も多いと思います。確かに企業は小さな企業よりも大手のほうが安心感がありますし、アルバイトよりも正社員のほうが収入の安定性が見込めるため審査に通過しやすいというのは事実であります。ただ、これは審査に通過しやすいというだけであってこれらの条件を満たしていればクレジットカードの審査に通過できるわけではありません。逆に無職でこれらの条件を満たしていなくとも何かしらの安定した収入があることを証明できればクレジットカードの審査に通過できる可能性は十分に残されているのです。

クレジットカードの審査は甘いものではないのも事実です。どんなに甘いクレジットカードでもそれなりに収入が必要であることが大半です。ただ定職に就いていることが必須ではありませんので収入があるのであれば確定申告したりすることで、提示を求められたときに提出出来るものを用意しておくと良いでしょう。