クレジットカードの審査に関するあれこれ

■クレジットカード審査に通りやすい人とは

クレジットカードの審査に通りやすいのは、クレジットカード会社に利益をもたらしてくれる人です。

クレジットカード審査に通りやすい人

・クレジットカードを使ってくれる人
クレジットカードは使ってくれないと、加盟店からの手数料が入ってきません。
つまり使ってくれないと、クレジットカード会社の利益が上がらないということになります。
クレジットカードを作っても入会特典ですぐに解約してしまうような人は、審査に落ちやすくなるでしょう。
またクレジットカードを作っても、全く使わず放置している人も審査に落ちやすくなります。
クレジットカードの利用状況は、個人信用情報を開示すればすぐにわかります。
クレジットカードを発行したらすぐに解約はせず、少しでも使うようにすると良いでしょう。

・延滞をしない人
支払い日を守るのは、基本中の基本です。
それができないということは、クレジットカードを使う資格がないと言えるでしょう。
支払い遅延や延滞も、個人信用情報を開示することでわかります。
延滞などの記録があれば、クレジットカード審査には落ちると考えて間違いありません。

・規約を守る人
クレジットカードには利用規約があります。
これを守らないとクレジットカードが利用停止になったり、強制退会の措置が取られることがあります。
クレジットカードの規約を破られやすいのは、まずクレジットカードの現金化です。
クレジットカードのショッピング枠を利用し、現金をかりる行為です。
法律にはすれすれ触れないのですが、クレジットカードでは禁止をされている行為です。
クレジットカードの現金化の履歴があると、クレジットカードの審査に通るのが難しくなります。
そしてクレジットカードの貸し借りも、よく行われる禁止行為です。
クレジットカードは名義人本人だけが使えるもので、貸すのも借りるのもダメなので注意をしましょう。

・高額利用をしてくれる人
クレジットカードは利用金額が高くなれば、加盟店からの手数料収入も高くなります。
高額利用をしてくれるのは、クレジットカード会社にとっては歓迎すべき会員となります。
毎月50万円、100万円と定期的にクレジットカードを高額利用している人は、クレジットカードの審査に通りやすくなるでしょう。
ただ審査を有利にしたいからとクレジットカードを高額利用をしても、支払いが滞っては意味がありません。
計画的に高額利用をし、かつ支払いもきちんと行うことが必要となります。

■ステータス系クレジットカードの審査とは

一般的にステータス系と呼ばれているクレジットカードは審査が厳しい傾向にあるといわれています。確かにコンビニやスーパーなどの割引やポイント還元を主軸としているクレジットカードに比べると、銀行が発行しているクレジットカードや各種プロパーカードは審査が厳しい傾向が見られています。ただ、これらも今となっては以前よりかは審査が甘くなっている傾向が見えています。

まずは一般カードについて考えてみましょう。最近はステータス系に属するようなクレジットカードにも一般カードが増えてきました。国際ブランドとしてはアメリカン・エキスプレスなどが採用されているものがこれに該当すると思います。以前は一般カードであってもステータス性の高いクレジットカードは審査が厳しいとはされていましたが、今となっては審査がかなり甘くなっており他のクレジットカードと一般カードでは変わらないぐらいになっています。そのためまずはステータス性高いクレジットカードを持ってみたいと思っているのであれば申し込んでみるのが良いのではないかと思います。

続いてゴールドカードですが、こちらともなれば審査で年収面が評価されているような印象を受けています。そこまで高額な年収を求められているわけではないですが300-400万円程度の年収があれば審査には通過するでしょう。プロパーカードのゴールドカードともなればかなり充実した付帯サービスが用意されています。そういったサービスを活用できるぐらいの生活をしているかという面が評価されていると考えることも出来ますね。年収以外の面では特に厳しい審査基準が設けられている印象はありません。正社員や資格の要る職業についている必要などはなく安定した収入が見込めれば問題ないとされています。

最後はプラチナカードです。最近は最初からプラチナカードに申し込めるものも増えてきました。これらも審査の基準としてはゴールドカードとそこまで大きく変わるようなことはありません。ただ、ステータス性の高いプラチナカードはインビテーションのものも多くこれに関しては私たちが審査の基準について把握することは出来ませんので注意が必要です。

ここまで一般的な話をしてきましたが、ダイナースのクレジットカードだけはこれに当てはまりません。一般カードであっても入会条件は27歳以上で年収400万円程度からとされていますし、他のステータス性の高いクレジットカードとは一味違った審査を実施しています。

■バイトを掛け持ちケースのクレジットカード審査

フリーターの中には、複数のバイトをかけもちしているケースもあるかと思います。
クレジットカードに新規申込をするとき、申込書にはどれを勤務先にしたら良いの?と迷ってしまうのではないでしょうか。
勤務先欄が複数あれば全部記入すれば良いのですが、だいたいは一つしかありません。

バイトを掛け持ちしている場合は、審査に有利となる勤務先を記入するのがおすすめです。
クレジットカード審査に通りやすくなるのは、勤続年数が長いバイトです。
クレジットカードの審査では、勤続年数を記入する欄があります。
勤続年数は長ければ長いほど、審査に通りやすくなります。

勤続年数は、雇用の安定具合を見る項目です。
フリーターでも勤続年数が長ければ、勤務先では必要とされているバイトということになるでしょう。
問題がある人なら、すぐにクビになってしまいますからね。
また勤続年数は、その人の性格や生活態度を推測できる項目でもあります。
勤続年数が短いと、バイト先を転々としている人の可能性があります。
一つのところに働き続ける根気がなかったり、勤務先で良好な人間関係を築けなくて、バイトが長続きしないのかもしれない…となります。
人間性に問題があると真面目にクレジットカードの支払いをしてくれるとは思えない…となり、審査に落ちやすくなってしまうのです。

フリーターでも勤続年数が5年、10年と長ければ、クレジットカード審査には落ちにくいでしょう。
勤続年数が数か月の正社員より、審査通過しやすいかもしれません。
今のバイトは始めたばかり…というフリーターは、クレジットカード審査には落ちやすいと思って良いです。
バイトを始めてから半年は経過してから、クレジットカードへは申し込みをしてください。

バイトを掛け持ちしている場合、年収はどう記入したら良いの?ともなります。
年収はすべてのバイト先の合計を記入してかまいません。
A社で100万円、B社で50万円の収入を得ていれば、年収150万円と記入してもOKです。
クレジットカードはそれほど高い年収がなくても審査通過できますが、低いより高い方が審査は有利になります。
年収が多ければ、自由になるお金が多いことになりますので。

まだ1年働いていなくて年収がわからない…というときは、1か月のお給料×12か月分で計算してください。
1か月のバイト代が約10万円であれば、年収120万円とすれば良いことになります。
実際の金額と多少誤差があっても、クレジットカード審査には大きな影響はありません。

■クレジットカード審査に通りやすいフリーターとは

同じフリーターでも審査に通りにくい人、審査に通りやすい人が存在します。

審査に通りやすいフリーター

・勤続年数が長い
フリーターでも勤続年数が長ければ、クレジットカード審査に落ちにくくなります。
クレジットカードを作るなら、1年以上の勤続年数があると良いでしょう。
3年~5年以上あれば、審査通過できるクレジットカードの数がぐんと上がります。
勤続年数が6ヶ月未満のフリーターは、クレジットカード審査に落ちやすくなってしまいます。

・実家に住んでいる
実家に暮らしていると、自分で使えるお金が多くなります。
家賃や光熱費などの支出を抑えられるためです。
また実家に住んでいると、親の援助を受けられる可能性があります。
クレジットカードの支払いが厳しくなっても、親が何とかしてくれるかも…?!という期待ができるのです。
親の目が光っているので、クレジットカードを使いすぎないという効果もあるでしょう。
そのため実家に住んでいると、クレジットカード審査に通りやすくなるのです。

・居住年数が長い
居住年数が長いと、これからもずっと同じ場所に住み続けると考えられます。
急に転居をして連絡が付かなくなる可能性がないので、クレジットカード会社は安心してクレジットカードを発行することができます。
フリーターでも居住年数が長ければ、クレジットカード審査に通りやすくなると言えます。

・クレヒスが良い
すでにクレジットカードを持っていて良いクレヒスを持っていれば、フリーターでもクレジットカードの審査には通りやすくなります。
延滞や滞納などがなく毎月利用と支払いをくり返している期間が長ければ、審査通過は難しくないでしょう。
審査に通りやすいクレジットカードをつくり良いクレヒスを構築し続けていれば、フリーターでもやや審査が厳しいとされるクレジットカードを発行するのも夢ではなくなります。

・借入をしていない
キャッシングやカードローンなどを利用していると、クレジットカード審査に落ちやすくなります。
今はフリーターでも消費者金融と簡単に契約ができますので、困った時に利用している…なんてケースも増えているようです。
しかしクレジットカード審査には良い影響は与えないでしょう。
消費者金融との契約があるだけで、審査に通りにくくなるクレジットカードもあるくらいです。
クレジットカードに申込みをする前に、借入があれば完済してしまうのがおすすめです。
また消費者金融と契約があれば、解約をしておくと良いでしょう。

■無職の報告について

クレジットカードの審査をする上で、問題と鳴ってくるのが無職の報告です。審査時に無職の場合は、嘘をついて有職であると報告してよいのでしょうか?更に、カードを保持している時に無職になってしまったら、その件について自分から報告をしなければならないのでしょうか?

今回は、上記の2つの点について徹底的に解説します。実際にどのような決まりごととなっているのでしょうか。

■審査時には嘘をつかないことが重要

・無職なら無職と正直に応えること

クレジットカードの審査で、バレないと思って仕事をしていると嘘をついてしまう方が多いのも事実です。しかし、嘘をついてしまったら、発覚した時点で審査落ちになります。さらに、カードを作成して利用してからでも、嘘の報告が発覚すれば強制退会となってしまうのです。

審査申込書の内容に嘘があってはなりません。真実の情報だけを記載してください。

■カード取得後に無職になった場合はどうすればよいのか?

・厳密には報告義務があるが・・・

何らかの大きな変化があった場合には報告しなければならない、といった決まりがクレジットカードの規約にはあります。しかし、2ヶ月や3ヶ月の無職期間でわざわざ報告している人がいるのか、といえば「否」となります。短期間の無職であれば、報告しなくても問題ありません。

■おすすめのクレジットカード「SURUGA Visaデビットカード」

無職の方でクレジットカードの審査を受けようと思っているのであれば、「SURUGA Visaデビットカード」をおすすめします。厳密にはクレジットカードではありませんが、カードとしての機能はほぼクレジットカードなのです。

単に口座と連動しており、口座に入金されている分しか利用できない、という特徴があるだけです。入金分しか利用できない、といった特色もありますが、使いすぎる心配がない、といったメリットにも目を向けましょう。

■「SURUGA Visaデビットカード」の特徴とは?

・キャッシュカードと一体型である

こちらのデビットカードはキャッシュカードと一体型なので、要は口座を持つだけでデビットカードの利用ができるようになる、というわけです。クレジットカードの審査とも異なっており、口座を作成できる状態であれば問題ありません。そもそもデビットカードはクレジットカードのような厳しい審査は行われないのです。

・「SURUGA Visaデビットカード」は年会費がかからない

デビットカードの「SURUGA Visaデビットカード」ですが、年会費を心配する必要はありません。ずっと年会費無料の設定となっているのです。今後、お金がかかるようなことも一切ないので、安心して保有し続けられます。