クレジットカードの審査が怖くなくなる!ノウハウ集

■クレジットカード審査を受ける前にやっておくべきこと

クレジットカードの所有枚数が増えるほど、新規発行時の審査には落ちやすくなるとされています。
クレジットカードには利用限度額があります。
クレジットカードの枚数が多いほど、総利用限度額は上がります。
1枚の利用限度額が20万円であっても、5枚持っていれば100万円まで使えることになりますよね。
すべてのクレジットカードを上限まで使い、さらに新規発行した場合、返済ができなくなるのではないか?となり審査に落ちやすくなるのです。

クレジットカードの申込前にやっておきたいこと

・不要なクレジットカードを解約する
クレジットカードを作ったけれど出番がなかった、新規入会特典目当てだったので最初から使うつもりはなかったなどの理由で、使わないクレジットカードを所有している例は多いです。
使わないのであれば、解約をしてしまいましょう。
解約をすれば、クレジットカードの所有枚数が減ります。
総利用限度額も下がりますので、クレジットカードの新規発行審査に通りやすくなるのです。
ただ注意をしたいのは、新規発行したばかりのクレジットカードを解約しないことです。
発行してすぐに解約してしまうと、新規入会特典目当てであることがばればれとなってしまいます。
クレジットカード会社としては使ってくれない人には発行したくないので、審査に落ちやすくなる原因となるでしょう。

・クレジットカードのキャッシング枠を減らしておく
クレジットカードのキャッシング枠を使わないのであれば、減額をしておきましょう。
キャッシング枠を増額するのは審査が必要ですが、減額であればそれほど難しいことではありません。
クレジットカードのキャッシング枠は、総量規制の対象となります。
キャッシング枠が年収3分の1以上になっていると、クレジットカードの審査に影響を与えます。
キャッシング枠をゼロにしてしまうのもおすすめです。

・消費者金融との契約は解除しておく
消費者金融との契約があると、クレジットカード審査に落ちやすくなるとされています。
消費者金融を利用するのは、お金がない証拠になるためです。
お金がない人にクレジットカードを発行したいと、思う人は誰もいないでしょう。
支払いができなくなる可能性が高いですからね。
現在は借入がなくても契約をしているなら将来借りる可能性があると、クレジットカードの審査では考えます。
クレジットカードの審査を有利にしたいなら、消費者金融との契約は解除しておくのがおすすめなのです。

■クレジットカード審査をスムーズに完了させる方法

クレジットカードは申込みから発行まで10日~2週間程度かかります。
もう少し早く発行してもらえたらいいのに…と思うこともあるのではないでしょうか。
クレジットカードの発行期間を短縮したいなら、審査がスムーズに行えるようにする必要があります。

クレジットカード審査をスムーズに完了させる方法

・オンラインで申込みをする
クレジットカードはオンライン、郵送申し込みなどがあります。
一番早く受け付けてもらえるのは、オンライン申込です。
郵送だと発送してからクレジットカード会社に届くまで、数日かかってしまいます。
オンラインはクレジットカード会社の営業時間内であれば、リアルタイムで受付がされます。
受付後はすぐに審査に入ることができ、審査結果が出るもの発行も早くなります。
また紙による申込は、記載されている内容を機械に打ち込む作業をしなければなりません。
オンラインは申込みフォームに記載されている内容を、そのまま機会にかけて審査を行うことができます。
ここでもオンラインの方が、早く審査に入ることができるのです。

・申込書を丁寧に作成する
申込書に不備があると、審査に時間がかかってしまいます。
おかしな項目を確認しなければならず、審査をスムーズに行えないのです。
急ぎでクレジットカードが欲しいときこそ、申込書の作成は時間をかけて丁寧に行う必要があるでしょう。

・本人確認の電話にすぐ出られるようにしておく
クレジットカードに申込みをすると申込確認や本人確認の電話が入ることがあります。
電話がつながらないと、審査が完了しないクレジットカードもあります。
クレジットカード会社からの電話には、すぐに出られるようにしておおくのがおすすめです。
またクレジットカードの審査では、在籍確認が行われることもります。
勤務先に電話をかけて行われますが、勤務先に電話がつながらないと審査は完了しません。
審査が終わらなければ、クレジットカードの発行も遅れることになります。

現在はスピード審査、スピード発行のクレジットカードも増えてきています。
翌営業日発行、3営業日発行といったクレジットカードも出てきており、審査や発行までの期間は短縮されていると言えるでしょう。
ただスピード発行のクレジットカードでも場合によっては審査に時間がかかり、すぐに発行できないこともあります。
クレジットカードをなるべく早く発行して欲しいときは、審査がスムーズに完了するように申込みをするのがおすすめです。

■無職でもクレジットカード審査に通過する方法

クレジットカード審査に落ちやすいのが、無職の人です。
無職は収入がありませんので、返済能力はないと見られるのは当然です。
クレジットカードを使っても支払いができないとなり、審査に落ちてしまいます。

無職がクレジットカードを作る方法

・結婚する
クレジットカードは本人に収入がなければ、基本的に審査通過はできません。
しかし配偶者に安定収入があれば、無職でもOKとするクレジットカードもあります。
つまり専業主婦(主夫)であれば、クレジットカードの発行はできるのです。
結婚の予定がある無職は、結婚してからクレジットカードに申込みをするのが良いでしょう。

・ネットで収入を得る
事情があり外に働きに行けず無職である…という方もいるでしょう。
外に働きに行けないなら、自宅で収入を得る方法を実践してください。
内職などもありますが、すぐに始めやすいのはインターネットを使って収入を得る方法です。
誰でもできやすいのは、ネットオークションです。
自宅にある不要なものを売ったり、ハンドメイド品を売ったりすれば、収入を得ていることになります。
そしてSOHOを始めるのもおすすめです。
ブログ記事の作成、データ収集などを受注することは、仕事として認められます。
クレジットカードに申込みをしても門前払い無職でも、クレジットカード審査に通る可能性が出てきます。

・派遣会社に登録をする
派遣会社に登録をしておくと、派遣先で働いていなくても無職にはなりません。
職業の欄には「派遣社員」と書くことができ、勤務先は登録している派遣会社を書くことができます。
無職の状態で申込みをするよりも、クレジットカードの審査には断然通りやすくなるでしょう。

・年金をもらう
年金を収入と認めているクレジットカードなら、無職でも審査通過の可能性があります。
ただ年金を受給するくらいの年齢になると、クレジットカード審査には落ちやすいのです。
審査の甘いクレジットカードに申込みをするのがおすすめです。

・家族カードを発行する
クレジットカードに追加発行する家族カードは、ほぼ審査がありません。
無職でも発行することができるクレジットカードとなります。
家族カードが発行できるのは本カード会員の配偶者、親、子供などです。
家族カードを発行してもられるような家族がいれば、無職にとってはラッキーと言えるでしょう。
クレジットカードによって申込基準が異なることがありますので、確認しておきましょう。

■クレジットカード審査が甘くなる時期

クレジットカードの審査基準は、時期により異なることがあります。
審査なんて余裕!という人ならよいですが、審査に不安があれば少しでも審査通過しやすい時期に申込みをしたいと思うのではないでしょうか。

クレジットカードの申込におすすめの時期

・クレジットカード会社の決算期
クレジットカード会社の決算期は、だいたい3月となります。
決算で利益が減っていたり赤字になったりすると、株価に影響を与え業績がますます悪化することになります。
それは避けたいので少しでも利益を上げようと、2月、3月はクレジットカードの会員を増やしたい時期になっていると思われます。
そのためクレジットカードの審査基準を緩くし、会員を増やす傾向にあるのです。
2月、3月頃は、クレジットカードの申込にはおすすめとなるでしょう。

・キャンペーンを開催している時期
新規入会キャンペーンを行っているのは、顧客確保に力を入れている時期と見ることができます。
より多くの会員を得るため、いつもより審査基準を下げている可能性が高いです。
審査が不安であれば、キャンペーン時期を狙うのが良いでしょう。
クレジットカードの新規入会キャンペーン時は、入会特典がいつもより豪華になっています。
いつもなら5,000ポイントプレゼントのところ、8,000ポイントプレゼントになっていたりします。
またいつもの入会特典にプラスして、プレゼントがもらえるといった場合もあります。
入会特典がいつもよりお得になっていると感じたら、クレジットカードへの入会チャンスと言えるでしょう。

・新年度
新年度がが始まる4月は、クレジットカードへの申込が多くなります。
これは大学生になったからクレジットカードを持とう、新社会人になったらクレジットカードがないと困る…といった人が増えるためです。
クレジットカード会社にとってはこの時期は、多くの会員を確保できます。
できるだけたくさんの会員を確保しておこうということで、審査基準が緩むことが多いのです。
大学生や新社会人だけでなく一般の人でも、この時期はクレジットカード審査に通りやすいとなるでしょう。

ただこの時期に申込みをすると、大幅にクレジットカード審査に通りやすくなるわけではありません。
審査基準が下がるといっても、若干の範囲です。
いつもは正社員しか発行できないクレジットカードが、フリーターでも審査に通る…というようなことはありませんので注意をしてください。

■審査が甘いクレジットカードの特徴

審査基準はクレジットカードにより異なります。
審査が不安…という人のために、審査が甘いクレジットカードの特徴をまとめてみました。

・ポイント還元率が低い
クレジットカードのポイントは、加盟店からの手数料の一部が還元されています。
ポイント還元率が高いほど加盟店から入る手数料が減ってしまい、クレジットカード会社は儲けが減ってしまいます。
ポイント還元率が低いクレジットカードはたくさんの人に使ってもらっても、利益を多くすることができます。
審査が甘いクレジットカードは属性があまり良くない人にも発行されやすく、貸し倒れリスクが大きくなります。
利益が少ない状態で貸し倒れを起こされると損失が大きくなりますが、利益があればそれで埋めることができるでしょう。
そのためポイント還元率が低いクレジットカードは、審査が甘い傾向にあるのです。

・流通系クレジットカード
流通系クレジットカードの主となる目的は、クレジットカードによる利益ではありません。
店舗の顧客をいかに増やし、売り上げを上げるかです。
割引などの特典をつけたクレジットカードを発行することで、店舗の利用者を増やそうとしています。
たくさんの人に発行するには、クレジットカードの審査をゆるくする必要があるのです。

・利用限度額が低いクレジットカード
利用限度額が高くなるほど、クレジットカードの審査は厳しくなります。
10万円と100万円だったら、貸し倒れリスクが高いのは100万円です。
10万円ならたいしたことないので貸し倒れとなってもいいか…となり、審査を甘くすることができるのです。
利用限度額が最低でも50万円、100万円となるようなクレジットカードは、審査が厳しいとなるでしょう。

・比較的新しいクレジットカード会社
新規参入をしたクレジットカード会社は、まだ審査のノウハウがありません。
既存のクレジットカード会社とは異なる審査を行い、審査が甘くなる傾向にあります。
また新規会員をとりあえず確保したいため、審査を甘くすることも考えられます。
長い歴史のあるクレジットカード会社は安心感がありますが、審査の通りやすさを考えると新しいクレジットカード会社はおすすめになるでしょう。

・消費者金融系クレジットカード
審査が甘いといえば、消費者金融系のクレジットカードです。
消費者金融系は独自のノウハウで審査を行いますので、他のクレジットカード会社で審査に落ちても発行できる可能性があります。