審査に通りやすいクレジットカードの探し方

■クレジットカードの審査の簡単な流れ

クレジットカードを持ちたい、と思うのであればまずはクレジットカードの審査に注目しなければなりません。どんなにカードを持ちたかったとしても、審査に通過できなければカードは手元には届かないわけです。

この記事ではクレジットカードの内実に迫ります。実際にどのような特徴があるのでしょうか。確認していきましょう。

最初に注目するのは、カードの審査の流れです。流れを知ることも大事ですよ。

・申込書のチェック

・自社のデータベースと照合

・個人信用情報と照合

・審査結果が伝えられる

特に注目してほしいのが、自家のデータベースと個人信用情報との照合です。審査を突破するためには特に重要なテーマとなってくるので、しっかりと確認していきましょう。もしもそれらに問題があればカードを持てなくなってしまいます。

まずは自社のデータベースですが、過去にその会社のクレジットカードを利用した経験がある方は登録されています。強制解約されているような場合はアウトとなってしまうので注意してください。自社のデータベースは時効がないので残り続けてしまいます。

個人信用情報に関しては、他社のカードの利用情報が確認できるものです。ローンの情報も確認できます。滞納などの問題があると審査が厳しくなるので注意してください。ただし、時効があり、一定期間すぎると情報は削除されます。

■クレジットカードの審査と在籍確認

クレジットカードの審査であるのかないのか不安になってしまうのが「在籍確認」ではありませんか?職場に電話連絡をされるのが在籍確認ですが、消費者金融は実施されているイメージがありますが、クレジットカードではいちいちそんなことは行っていない、といった印象もあるわけです。

こちらではクレジットカードの審査では在籍確認は実施されるのか、という点について詳しくお話します。クレジットカードの審査を受けようと思っている方は必見です。

・クレジットカードで在籍確認されることは少ない

現在ではクレジットカードの審査で在籍確認される、ということはほとんどないとされています。そもそも在籍確認は、クレジトカード業者としても非常に面倒な作業なのです。時間もかかってしまいます。なかなか会社に連絡がつかない、といったことも考えられるわけです。

ただし、全く在籍確認が行われないわけではありません。では、どういったケースで在籍確認が実施されるのでしょうか。

・在籍確認がクレジットカードの審査で実施されるケース

審査システムで保留になってしまった場合が挙げられます。例えば当落選上にあるような状況です。確実に返済能力があると判断したい場合に、在籍確認が実施されるわけです。また申込書の内容が疑わしい場合にも実施されます。

■クレジットカードの審査と住宅

クレジットカードの審査には住宅も関連してくる、ということは知っているでしょうか。その事実をしっかりと理解しておく、ということが極めて重要になってくるわけです。

今回はクレジットカードの審査と住宅はどのように関係してくるのかを明らかにします。少しでも確実にクレジットカードの審査を突破したい、と考えている方は必見です。

・住宅は資産と考えられているので、審査に大きく関わってくる可能性あり

クレジットカードにはショッピングだけではなくキャッシングもあります。総枠というものを考えると、数百万円にもなってしまう可能性があるわけです。
数百万円の利用をされて貸し倒れにあってしまう、というのはカード会社としても最悪の状態です。そういったことにならないようにするためにも、しっかりとした審査が実施されているわけです。

そこで注目すべきなのが財産です。財産の一つが土地や不動産というわけです。仮に返済ができなくなった場合には、それらを処分してお金を作ってくれる可能性、というものをカード会社は見ています。仮に自己破産されることになったとしても、財産があればそれらを債権者で分配できるわけです。住宅がある、ということはカード会社にとっては非常に大事なものであり、審査を有利に運ぶものでもあります。

■クレジットカードの審査のスコアリングシステムって何?

クレジットカードの審査にはスコアリングシステムというものが関わっています。あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、クレジットカードの審査では当たり前のものとなっています。

こちらではクレジットカードの審査であるスコアリングシステムとはどういったものなのか、ということを明らかにします。スコアリングシステムを理解することで、カードの審査も圧倒的に突破しやすくなりますよ。

・スコアリングシステムとは

各情報を点数化して、一定得点以上であると審査の突破、一定点数以下であると落選、という審査方法です。各情報を点数化するので、非常にスピーディーに審査が行える、といった特徴があります。

もちろんスコアリングシステムだけで審査が終わるわけではありません。個人情報などとの照合も実施されるわけですが、スコアリングシステムがあった上で個人信用情報もチェックされるわけです。双方がクリアしていなければ、クレジットカードを持つことは出来ません。

ちなみにスコアリングシステムですが、そんなに単純なものではありません。例えば、年収2,000万円お自営業者で会場1年未満の場合と、年収500万円の勤続年数5年以上の会社員の場合では後者のほうが評価は高くなるのです。要は安定性、というものが重視されるわけです。

■審査に通りやすいクレジットカードの探し方

審査が甘いクレジットカードをお探しの方も多いと思います。クレジットカードは同様に審査をしているにも関わらず、申し込む先によってその審査通過難易度が大きく異なるというのは紛れも無い事実ですのでなるべくなら甘いほうがいいですよね。この審査が甘いクレジットカードどいうのはどのように探し当てればいいのでしょうか。インターネットなどで探すとういのも方法の一つとしてはありますが、一般的にどのようなクレジットカードならば審査が甘くなりやすいのかについて考えていきましょう。

・入会キャンペーンなどを実施している
クレジットカードは定期的に入会者を増やすためにキャンペーンを実施しています。これはクレジットカード会社はカードを利用してもらうことによって利益を得ているわけですので、なるべく多くの利用者を獲得したいわけです。そのためクレジットカード入会者を増やしたいときは普段よりも審査が甘くなると言われています。極端に甘くなるというわけではないですが、通常よりかは審査に通る可能性が高くなっていますので入会のチャンスとなっています。

・発行会社の業種を確認する
クレジットカードはその発行する会社によって審査の難易度が異なります。一般的には銀行が発行するクレジットカードが最も審査が厳しいものとなっており、ついで交通や流通に分類されるもの、コンビニやスーパーといったショッピング施設に分類されるもの、そして最も甘いのが消費者金融系のものとなっています。特に後半のコンビニやスーパー系というのはクレジットカードの発行がそのお店を使ってもらえるかどうかの境目になるようなことも考えられます。そのため多少限度額は小さくなったとしても、ポイント還元などを利用してもらうために審査が甘くなる傾向にあるようです。また消費者金融系は「ACマスターカード」がありますが、こちらもかなり審査が甘いことで有名となっています。

・年会費の必要なクレジットカードに注目する
年会費無料のクレジットカードが増えてきていますが、年会費が有料のクレジットカードも一定数存在しています。これらの年会費が必要なクレジットカードは無料のものに比べて審査が甘いと言われています。ステータス性が高いクレジットカードであればまた違った話とはなりますが、年会費無料のものよりは1000円でも年会費が必要となるクレジットカードのほうが審査が甘めに設定されています。

■フリータでも発行できる審査が甘いクレジットカード

クレジットカードの審査基準は様々です。
どのクレジットカードが審査が甘いのでしょうか。

クレジットカードの審査が甘いランキング

・第1位…消費者金融系クレジットカード
審査が断然甘いのは、消費者金融系クレジットカードです。
アコムが発行するACマスターカードが、消費者金融系となります。

・第2位…流通系クレジットカード
スーパーやコンビニで、割引などの特典があるクレジットカードです。
審査は比較的甘いものが多いのが特徴です。
流通系となるのはイオンカード、エポスカード、ファミマTカードなどです。

・第3位…ネット系クレジットカード
ECサイトが発行しているクレジットカードです。
インターネットショッピングでお得になるクレジットカードで、審査は柔軟です。
楽天カード、Yahoo!JAPANカード、リクルートカードなど、人気のクレジットカードが多くなっています。

・第4位…リボ払い専用クレジットカード
リボ払いクレジットカードは、リボ手数料によりクレジットカード会社の利益が大きくなります。
そのため貸し倒れをしても損失を少なく抑えることができ、審査を甘くすることができます。
JCB EIT、DCカードジザイル、P-one Wizカードなどが、リボ払い専用クレジットカードです。

・第3位…信販系クレジットカード(一般カード)
信販系になると、やや審査が厳しくなってくるようです。
それでもクレヒスが良ければ、審査通過できる可能性が十分あるでしょう。
オリコカード、ジャックスカード、セゾンカードなどが、信販系クレジットカードです。

・第4位…銀行系クレジットカード(一般カード)
一般カードの中で、審査に通りにくいとされているのは銀行系です。
三井住友VISAカード、JCBカード、三菱UFJニコスなどが、銀行系クレジットカードです。

・第5位…低年会費ゴールドカード
一般カードの上位カードとなるのが、ゴールドカードです。
その中でも審査が柔軟なのは、年会費が2,000円~5,000円程度の低年会費ゴールドカードです。

ここまで紹介したクレジットカードなら、フリーターなどの非正規社員でも発行できる可能性があります。
そのほかのクレジットカードだと、正社員でなければ審査通過は難しいでしょう。
低年会費ではありますが、ゴールドカードを持つチャンスもあるわけです。
ただとにかく審査に通りたいなら、消費者金融系クレジットカードから始めるのがおすすめです。

■おすすめのクレジットカード「三菱東京UFJ-VISAデビット」

無職でもクレジトカードをほしいと思ったら、おすすめなカードを探しておく、ということも極めて重要になります。おすすめのクレジットカードも知らないで、なんでも良いので申し込んでしまう、ということは絶対に避けなければなりません。

今回はクレジットカードとは少し異なりますが、機能的にはクレジットカードとほとんど変化のないデビットカードを紹介します。

■無職の方におすすめしたい三菱東京UFJ-VISAデビットの特徴とは

・基本キャッシュバック率に注目

三菱東京UFJ-VISAデビットの素晴らしいところは、自動的にキャッシュバックしてくれる、というところです。基本キャッシュバック率は0.2%なので、自動的に0.2%引きで買い物ができるような感覚なのです。
例えば、10万円の買い物を実施したら200円の割引が受けられる感覚です。

0.2%とは言え、無収入のときなどは非常に助かりますよね。ちょっとした節約生活もおくれるようになるわけです。
さらに誕生月に関しては、キャッシュバック率が+0.1%の設定にされます。これは非常に嬉しいことでしょう。

・保証サービスもある

怖いのがカードの不正利用だと思います。その点についても三菱東京UFJ-VISAデビットはクリアしています。不正利用の補償もしっかりとしてくれており、もしものときにも対応してくれるのです。