クレジットカード審査のよくある疑問を解決

■クレジットカードの審査に落ちないために気をつけること

ちょっとしたことでも気をつけなければ信用情報が命となるクレジットカードの審査では落ちてしまうようなことが発生します。実は知らない間に審査に通過しにくいプチブラックと呼ばれる状態になってしまうこともあります。なかなか気づかない部分で自分の信用情報を傷つけてしまうこともありますので、審査に落ちないためにも気をつけておきたいことをいくつかご説明していきましょう。

一つ目は申し込みの時に正確な情報を記載するということです。そんなこと当たり前では無いかと思うかもしれませんが、これが出来ていない人は意外といます。理由としては複数あり例えば純粋に年収などの計算方法を間違っている場合です。特に複数の企業で働いている場合は合算した給料で審査を受ける必要がありますが手取りで計算したり額面で計算したりと人によってまちまちで計算されています。正しいのは税引き前ですのでいわゆる額面金額を合計しなければなりません。過小に申告することも正しい記入を求められているクレジットカードの審査では少し印象が悪くなることがあるようですので気をつけましょう。次は逆に過大に申告することです。クレジットカードの審査に通りたいがために年収を多めに記入したくなる気持ちも分からないわけではありません。しかし、クレジットカード会社は審査の過程においてある程度の情報を確認することが可能です。本来の金額と大きな差があれば印象を悪くしてしまうのは想像に難くないでしょう。
二つ目は短期間で多くのクレジットカードに申し込んでしまう場合です。ポイントやマイルを賢く貯めるために複数のクレジットカードを使うということは一般的な考えとなっており、その行為自体はなんら審査には問題がありません。ただ、短期間や同時にそれらのクレジットカードに申し込んでしまうとクレジットカード会社にはお金に困っている人との印象を与えてしまいます。クレジットカード会社は審査の際に他のクレジットカードへの審査状況などを把握することが可能です。そのため全く別のクレジットカードに申し込んでいてもその事実は伝わってしまうので審査に悪影響を与える可能性があるのですね。ここはあまり知られていないことですので、ポイント獲得術などを知ったとしても余裕を持ってクレジットカードには申し込んでもらいたいと思います。

クレジットカードの審査に落ちないために気をつけてもらいたいことは以上の二つです。意外とやってしまいがちなことばかりですので、申込みの際には気をつけてもらいたいと思います。

■異なる信用情報機関の参照で審査に通す

クレジットカードの審査において信用情報機関の内容が参照されていることは皆さんもご存知かと思います。この情報はクレジットカードだけでは把握しきれないようなクレジットカードの使用状況やローンなどの使用状況を把握するためのものとなっています。この信用情報ですが管理している会社は1社だけではなく3社あることぐらいまでは皆さんもご存知ではないかと思います。この3社用意されているということが審査において大きな影響を与えてくることがあるのです。

クレジットカードは3社用意されている信用情報機関の全てに加入しているわけではなく、最低でも1社に加入するかたちとなっています。2社加入しているクレジットカード会社もありますがそこまで数は多くありません。信用情報機関によって管理されている信用情報は微妙に異なったものとなっており、その結果としてクレジットカード会社が判断する結果も変わってくることが大いにあります。つまり、同じ信用情報機関を参照しているクレジットカードはどれも審査に通らなくても別の信用情報機関を参照しているクレジットカードであれば意外とすぐに審査に通る可能性があるということです。クレジットカードの申し込み時にはこのことを意識しておくと審査に通る可能性を上げることが可能です。

信用情報は基本的には3社で共有されるような仕組みとはなっているのですが、全ての情報が共有されているわけではありません。そのためある信用情報機関では審査で問題が発見されたとしても、他の信用情報機関の審査ではその情報が提供されないため審査に悪影響を与えないということも考えられるのです。クレジットカード会社各社がどこの信用情報を参照しているのかということはインターネットなどを利用すれば簡単に調査することが可能ですし、続けて審査に落ちるような場合には同じ信用情報機関を利用しているのではないかと調査してみることが大切でしょう。

同じ信用情報機関を利用しているクレジットカードで審査に落ちているのならば思い切って違う信用情報機関を利用しているクレジットカードの審査を受けてみるというのが一つの手です。ただここで気をつけなければいけないのは、短期間で申し込みをしすぎないということです。申し込み状況は信用情報機関の間で共有されていますので、短期間の申し込みが多いと悪影響を与えてしまいます。そのようなことのないように異なる信用情報機関の審査であっても月1枚程度になるぐらいの間隔に抑えておきましょう。

■審査に通すためにまずはクレヒスを作る

クレジットカードの審査にはクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報が利用されています。この信用情報はクレジットカードの利用やローンの利用そしてそれらの支払いによって更新されていくデータとなっています。このデータを活用することによって、今までその人がしっかりと支払いをしているか、今までに遅延などは無かったのかということを判断しているのですね。

ただ、このクレヒスはクレジットカードなどを利用することによって初めて積み上げることが出来るものとなっています。逆に説明すると今までクレジットカードを利用していなかった現金派の方が、クレジットカードを作ろうと思い立ったときに参照する経歴が無いということになります。まだ学生など年齢が若いのであれば本人のみならず親の信用情報も参考になりますが、社会人になってから何年も経っていてはこうもいきません。クレジットカード会社がクレヒスを参照しても得られるデータが無いため判断に困ってしまうわけですね。それどころか「今までクレジットカードを作れない生活をしていたのではないか」「実は存在していない架空の人物なのではないか」といった審査に悪影響を与えかねない推測までされてしまうのです。

今までクレジットカードを利用していなかったのならばこの事実はもう変えようがありません。過去にさかのぼってクレジットカードを作ることなんて出来ませんからね。そのため、このクレヒスが無いことが原因で審査に落ちてしまうようなときはより審査の簡単なクレジットカードを利用してクレヒスを積み重ねることが大切です。小額であってもクレジットカードを作成・使用・支払いを続けていけば先ほど述べたようなクレジットカード会社が抱きかねない問題はある程度払拭することが出来るのです。

審査に通るためにまずは絶対に一枚はクレジットカードに通る必要があります。まずクレジットカードを作成するのであれば「ACマスターカード」がおすすめでしょう。こちらのクレジットカードであればクレヒスが無い方にも発行されている実績もありますし、まずは安心して利用できるかと思います。

クレジットカードが1枚でも発行できれば半年程度は利用と支払いを続けていきましょう。これによってクレヒスがしっかりと作られることになります。理想としては1年程度は続けてもらいたいですが、半年程度積み重ねていけば本来欲しかったクレジットカードの審査にも通るぐらいにはなっているでしょう。

■フリーターはクレジットカード審査に落ちる?

クレジットカードはフリーターは審査に落ちやすいと言われることがあります。
そのため「フリーターだからクレジットカードが作れない」と思っている人もいるようです。

結論を言いますと、フリーターでもクレジットカード審査に通ることはできます。
昔はクレジットカードというと会社員向けのもので、フリーターなどの非正規社員は作れないものとされていました。
それが今での残り、フリーターはクレジットカード審査に落ちると言われるのでしょう。

ただフリーターはクレジットカードを作ることはできますが、審査に落ちやすいというのは事実です。
それはクレジットカードの審査では、安定した継続収入があるかを重視するためです。
正社員と比較をすると、フリーターは安定した雇用形態とは言えません。
正社員なら定年まで働き続けられますが、フリーターは明日退職してしまうかもしれません。
急に収入を得られなくなる可能性が高く、安定した継続収入を得やすいとは言えないのです。

ゴールドカードなど審査の難易度が上がるクレジットカードは、フリーターでは発行が難しくなります。
またアメックスやダイナースクラブなど富裕層向けのクレジットカードも、フリーターでの取得は無理でしょう。

フリーターにおすすめなのは、以下のようなクレジットカードです。

・年会費無料クレジットカード
年会費無料クレジットカードは収入を得ていれば良いとし、フリーターでも発行できるものが多いです。
年会費の負担がないことも、年収が低いフリーター向けと言えるでしょう。
クレジットカードには年会費が何万円、何十万円とするものもありますが、年会費が高額になるほど審査は厳密に行われます。
フリーターには敷居が高い…となってしまいます。

・流通系クレジットカード
クレジットカードには銀行系、信販系、流通系などの発行元に分けられます。
審査が柔軟なのは流通系と言われており、フリーターでも問題なく発行できるものがほとんどです。
流通系はスーパー、百貨店、コンビニ、ドラッグストア、家電量販店などが発行しているクレジットカードで、店舗利用でお得になるメリットがあります。
家計の節約にもなるクレジットカードです。

・消費者金融系クレジットカード
いくつかあるクレジットカードの発行元で、審査が一番柔軟とされているのが消費者金融系です。
流通系のクレジットカードでも審査に落ちてしまう…というフリーターは、消費者金融系クレジットカードがおすすめです。

■そもそもなぜ無職でクレジットカードが欲しいのか考えよう

無職でクレジットカードの審査を受けよう、と思うこと自体にリスクがあります。収入がないのにカードを作成してしまえば、返済ができるのか、という問題が生じてしまうわけです。もしかしたら返済ができなくなって、カードを作成する前よりも生活が厳しくなってしまうことも考えられます。

そこで重要になってくるのが、なぜクレジットカードが今時分に必要なのか、ということを考えることです。その点をクリアしなければ、無職でクレジットカードを作成したとしても今後の返済が難しくなってしまうかもしれません。しっかりと対処しなければならないのです。

■無職なのにクレジットカードが欲しい理由とは?

・一時的なしのぎと考えている

クレジットカードの場合は、一括以外の支払いの場合は大きな買い物をしてもいきなり大金が必要になるわけではありません。1ヶ月毎に数千円から数万円の返済を続けていけば良い、といった状態になるわけです。いまは無職であったとしても、数カ月後には仕事についているかもしれません。そのような状況を期待してクレジットカードで支払いを行っている方が非常に多くなっているわけです。

ただし、この考え方は少し危険なので注意してくださいね。必ずしも将来的に就職しているとは限りません。

・日々の支出を抑えたいと思っている

カードによっては割り引きシステムもあります。買い物で1%から5%お得になることもあるのです。その割引利用がしたくて、無職だけどクレジットカードの利用をしたい、と考えている方が多くなっているわけです。