クレジットカードの審査に落ちる原因ってなんだろう?

■借り入れの多さ

クレジットカードの審査に落ちる原因を知ることが重要です。審査を突破するためには、なぜ審査落ちしてしまったのか、ということを理解しなければならないからです。

審査に落ちる理由として考えられるのが、まずは借り入れの多さです。借り入れが多いとどういった理由から審査に落ちるような状況になってしまうのでしょうか。確認していきましょう。

借り入れが多いということですが、何かクレジットカードのキャッシングにのみ関わっているものではありません。住宅ローンや自動車ローンなども深く関わっているのです。総合的に判断されるものなので、とにかく借り入れが多いとキャッシングの利用は難しい、といった状態になっているわけです。

ちなみにカードによって借入件数や借入金額の限度を儲けている例もあります。特に借入件数に関しては、3件を超えてくると審査が厳しくなっている傾向があるので注意しましょう。3件以上の借り入れをすでに行っている、という方は借入件数を減らした上でキャッシングに申し込む、ということも必要になってきます。

なぜ借り入れが多いとカードの審査に落やすくなるのか気になっている方もいるでしょう。その理由としては、返済能力があります。多くのキャッシングをしていると返済能力に問題がある、と見られてしまうので審査落ちしやすくなってしまうわけです。

■信用情報の問題

クレジットカードの審査に落ちるのは避けたいところです。クレジットカードの審査に落ちた、という情報が残ってしまうことにもなるので、今後のカード申し込み、をしても審査落ちしてしまう可能性があるからです。

そこで把握しておかなければならないのがクレジットカードの審査に落ちてしまう原因です。実は信用情報というものが大きく関わっている、ということは知っておかなければなりません。

今回はクレジットカードの審査と信用情報について詳しくお話させてもらいます。

信用情報とは、いわゆるブラックリストのことを指しているものです。ブラックリストに載っているとカードの審査は圧倒的に厳しくなってしまいます。ブラックリストに載っていないような状況にすることが、カードの審査を突破するためには非常に大切になってくるわけです。

信用情報には様々な情報が掲載されていますが、特に注目しなければならなしのがクレジットカードの支払い遅延です。支払いが遅れてしまうようなことがあると、それだけ返済能力がないのではないか、といったことを思われてしまいかねません。慢性的に支払いが遅れているような場合は、カードの審査には通らない、と思う必要があります。
また、債務整理情報が残っていると、それもまた審査落ちの原因となります。

■カード会社の戦略

クレジットカードの審査に落ちるということは、本人に原因がない、ということも少なからずあります。その一つにカード会社の戦略があるのです。

実はカード会社では発行枚数を制限していることが珍しくはありません。いくらでも発行できるわけではそもそもないのです。カード会社としては目標もあります。その目標に到達した後は、それほどカードの発行枚数を増やすような必要はありません。一方で、目標まで到達していなければ、カードをどんどん発行したい、といった状況になるわけです。

要は、カード会社としてカードを発行したい時としたくない時がある、ということなのです。

一般カードではそれほど戦略といったものはありませんが、ゴールドカードのような上級カードであれば戦略というものに大きく左右されていくことになるのです。会員の獲得に積極的な時期に申し込めば、多少属性情報に問題があったとしても審査を突破できる確率が出てきます。一方で、会員数を制限したい、というような場合には良い条件でなければ審査に突破できない、ということになります。

ちなみに審査に突破しやすい時期ですが、キャンペーン期間中があります。キャンペーン期間中であれば、審査に突破しやすい状況になっています。会員をたくさん獲得したいからこそキャンペーンを行っているのですからね。

■審査基準

クレジットカードの審査を難しい、と感じている方も多いでしょう。審査に落ちる原因があるので、まずはその理解に務めることが重要です。

そこで確かめておきたいのが審査基準というものです。クレジットカードの審査基準というものを理解しておけば、審査にも圧倒的に突破しやすい状態になっていきます。

今回はクレジットカードの審査基準について詳しくお話させてもらいますね。

クレジットカードの審査基準として最も重視されるのが収入です。収入が安定して継続して期待できるか、ということが重要なのです。収入が大きい方が良い、と思っている方もいるのですが、それよりも定期的な収入がある、という方が重視されるわけです。職業は会社員かフリーターかでも判断されます。
フリーターは収入が安定していない、と判断されやすいので注意してください。会社員のほうがプラスに判断されることが多い、ということも理解しておくべきです。

住居も審査基準に入ってきます。住んでいる家が賃貸であるのか、それとも持ち家なのか、という部分にも注目しなければなりません。賃貸に関しては、評価は低くなってしまうので注意しましょう。持ち家の場合は高評価されるので、審査を突破できる確率がアップします。

■申し込み最低基準

クレジットカードの審査で落ちる原因として多くなっているのが、申込み最低基準の確認不足です。あなた自身が申し込みの最低基準に到達していなければ、審査は突破できません。まずはそのことをしっかりと理解することが肝心なのです。

ではクレジットカードの審査に落ちる原因である申し込みの最低基準とは一体どのようなものなのでしょうか。チェックしてみましょう。

まず注目してほしいのが年齢です。クレジットカードは全年齢を対象としているのではありません。基本的に20歳以上としているケースが多くなっています。18歳以上で作れるクレジットカードが有ることも確かですが、学生専用のクレジットカードなどの場合に限定されてしまうケースが多いので注意しましょう。

収入についても注目です。クレジットカードは返済能力の有無、というものが非常に重視されているので、返済能力がなければ審査は突破できません。だからこそ収入が非常に重要になってくるわけです。申し込み最低基準はしっかりと理解しておきましょう。ちなみに配偶者に収入のある専業主婦であればOKとしているカードもあります。必ずしも収入がなければならない、というわけではないのでその点は安心してくださいね。審査に突破できるチャンスはあるのです。

■申込書の記載内容

クレジットカードの審査に落ちる原因はいくつか考えられます。その中で見落としがちになってしまうのが申込書の記載内容です。記載内容に不備があった場合には審査落ちになる確率が出てきてしまうのです。最後にしっかりと見直して問題がないかをチェックすることがカードの審査を突破する一つの条件になってくるわけです。

そこで注目してほしいのが、まずは文字の綺麗さです。文字が汚くなってしまうと、それ自体が審査の落ちる原因となってしまいます。判別しにくい文字ばかりになってしまうようなことは避けなければなりません。

申込書の記入内容を間違えてしまう、ということも駄目です。まずは申込書の記入内容をしっかりとチェックして間違いがないかをチェックしてください。もしも間違いがあった場合には書き直しましょう。

特に電話番号が間違って記載されていると大きな問題になります。虚偽の内容を報告した、と判断されてしまいかねないのです。住所の誤りは致命的です。そもそもカードが送られてきても届かない、といった状態になってしまいます。何度もやりとりをして、カードが届くまでに、時間がものすごくかかってしまう、ということにもなりかねません。

申込書に関しては、なるべく空欄を作らない、ということも大事になってきます。カード会社としてもたくさん情報があると審査しやすくなるので、なるべく記載するようにしましょう。

■収入なしは審査に落ちる

無職の人がクレジットカードの審査を突破する、というものは極めて難しいとされています。しかし、本当に無職の人は審査に突破できないのでしょうか。実は必ずしもそうとはいえないのです。確かに、無職の人には審査を突破させない、としているカードもあることは確かです。しかし、状況によっては無職であってもカードを利用できます。

まずは収入なしとはどういった状況を指すのかについて説明しますね。

■収入なしとはどういった状況を指しているのか?

・全くお金を得るようなことをしてない状態

簡単に言ってしまえば、仕事をしていないような状況のことを指しているのです。仕事をしていないということは、収入を得るような行動をしていない、ということでもあります。そのままの状態でクレジットカードの審査を突破する、というのは極めて難しい状況になるわけです。

■ギャンブルなどで得たお金は収入に入るのか?

・競馬で100万円勝ったらクレジットカードの審査に突破できるのか?

ほぼ無理です。
確かに、ギャンブルで得た収入に関しては、手元にある現実的なお金とはなります。しかし、無職ということには変わりありません。ギャンブルをしていることを仕事とは認定しないわけです。
仕事をする以外の収入は一時的なものなので、審査では収入とは判断されません。

■フリーターがクレジットカード審査に落ちやすい理由

フリーターは正社員に比べると、審査に落ちやすいと言われています。
その理由は年収が低いからと思っている人が多いようです。
フリーターの年収は、200万円行けば良いくらいでしょう。
100万円台というケースが多いのではないでしょうか。
時給や日給で働くフリーターは、高い年収を望むことは難しいです。

しかしフリーターがクレジットカード審査に落ちやすいのは、年収が低いからではありません。
安定した収入が得にくいためです。
正社員は終身雇用の可能性が高く、急に退職に追い込まれることは少ないでしょう。
しかしフリーターは、終身雇用…とうわけにはいきません。
契約期間が更新されなかったり、業績悪化により急に「明日から来なくて良い」と言われる可能性もあります。
またフリーターは、自分から退職をしてしまうケースも少なくありません。
正社員なら多少つらくてもすぐに今の職場を辞めることは考えないでしょう。
しかしフリーターとなると、もっといいバイトがあると考えてしまうことが多いようです。
思いかけず収入が途絶えることがある不安定な雇用形態であるため、クレジットカード審査に落ちやすくなってしまうのです。

中には年収が高いフリーターもいるかもしれません。
特殊な業種だと、正社員より年収が高いこともあるでしょう。
それでも正社員に比べると、クレジットカード審査での評価は低くなります。
年収300万円の正社員と年収800万円のフリーターがいたら、クレジットカード審査に通りやすいのは年収300万円の正社員ということになります。

クレジットカード審査に安定性が求められるのは、貸し倒れリスクを最小限にするためです。
フリーターがクビになってしまうと、収入がなくなってしまいます。
そうなるとクレジットカードの支払いができなくなってしまうでしょう。
正社員でクビになる可能性が低ければ、収入がなくなることはありません。
収入があればクレジットカードの支払もしやすくなりますね。

ちなみにクレジットカード審査で一番有利となるのは、公務員です。
公務員は離職率が非常に低いです。
さらにクビになる可能性も、ほとんどないとなるでしょう。
安定した収入が入りやすく、クレジットカードの支払いをしやすいのです。
公務員であればクレジットカード会社の方から、「ぜひうちでクレジットカードを発行してください!」と言われるような勢いです。
クレジットカードの審査に落ちやすいフリーターにとっては、公務員はうらやましいかもしれませんね。