まだまだ気になる!クレジットカードの審査でよくある質問

■クレジットカード申込書に虚偽記載しても審査に通る?

クレジットカード審査のことを調べていると、審査に有利な条件がわかってきます。
そうなるとクレジットカードの申込時に、細工をしようとする人が出てきます。
審査に通りやすくするために、申込書に都合の良いウソを書く…というケースが多いのです。

クレジットカードの申込時に多い虚偽の例

・勤務先
本当は無職なのに以前働いていた勤務先を記載したり、全く関係ない会社の名前を記載する例があります。
無職だとクレジットカード審査に落ちてしまうため、働いているようにすれば良いということですね。
また実際は勤務をしてない大企業を記載する例もあります。
勤務先が有名企業の方が、クレジットカード審査に通りやすいとされているためです。
ただこのようなウソは、ばれやすいのでやめた方が良いでしょう。
クレジットカードの審査へ、勤務先に電話をかけての在籍確認が行われることがあります。
これで実際に勤務をしていないことは、すぐにばれてしまいます。

・年収
年収が高い方がクレジットカード審査に通りやすいということで、年収を盛って記載する例があります。
クレジットカードの審査では、年収の裏付けはされません。
なので多少盛ったくらいでは、大きな問題はないと言えます。
ただ年齢、勤続年数、勤務先名などの情報により、だいたいの年収を予想しています。
たくさんの審査実績があるクレジットカード会社は、年収の予想は容易にできるようです。
事実をあまりかけ離れた年収を記載してしまうと、虚偽であるとばれてしまうでしょう。

・借入状況
クレジットカードはすでに借入があると、審査に落ちやすくなります。
すでにある借入の返済+クレジットカードの支払いをするには、高い返済能力が必要になります。
借入金額が高く借入件数も複数あるとクレジットカードの支払いができる余裕がないとして、審査におちてしまうのです。
なので借入金額を少なめにしたり、借入なしと申込をする例があります。
しかしこれは確実にばれるウソですので、やめておきましょう。
借入状況は個人信用情報に記録されているので、クレジットカード審査では一目瞭然。
ウソをついてもバレない…ということは、考えられないのです。

申込時に虚偽が判明すると、人をだますような信用できない人と判断されます。
クレジットカードの支払いを真面目に行うか心配、クレジットカードの規約違反をするかもしれないということになり審査に落ちることになりますので注意をしてください。

■ブラックは一生クレジットカード審査に落ちる?

個人信用情報にキズが付きブラックとなると、クレジットカードの審査に通ることが難しくなります。
ブラックになったら一生クレジットカードを作れないの?と、心配になるのではないでしょうか。
クレジットカードがないと、現在は非常に不便です。
インターネットショッピング、旅行、海外渡航など、クレジットカードがないと困る場面は多いですよね。
一度の過ちでブラックになっただけで、一生クレジットカードが使えないのはキツイです。

ブラックになっても、クレジットカードを発行できる可能性はあります。
ブラックの情報が個人信用情報に掲載される期間は決まっています。
その期間が過ぎればブラックではなくなり、クレジットカード審査に通ることができるのです。

クレジットカードの審査では、CICという個人信用情報機関が参照されます。
CICでのブラック情報掲載期間は、以下のようになっているようです。

延滞や滞納…5年
債務整理…5年
自己破産…7年

代位弁済や強制解約によるブラックは正確な掲載期間はわかりませんが、他の個人信用情報機関を参考にすると5年ではないかと思われます。
個人信用情報に記録されるのはクレジットカードの利用状況だけでなく、各種ローン、キャッシングなども対象です。
また携帯電話料金の支払い状況も、個人信用情報に記録されます。
携帯電話料金の延滞をすると、ブラックとなりクレジットカード審査に落ちるようになるので注意をして

延滞をした場合は5年間ブラックということになります。
クレジットカードには5年経過してから、申込みをした方が審査通過しやすくなるでしょう。

ただ気をつけたいのは、延滞をした日から5年ではないことです。
延滞を解消した日から、5年ということになります。
延滞でブラックになり完済をしたのが3年後だとすると、延滞をした3年後から5年間はブラックということになります。

そしてブラックには、社内ブラックという種類もあります。
これは延滞や自己破産をした発行元内で、ブラックとしてリストアップされている状態です。
社内ブラックはリストから消されることはなく、一生続くとされています。
個人信用情報でのブラックは年月が経過すればブラックではなくなり、クレジットカード審査に通れるようになります。
しかし社内ブラックになると、その発行元のクレジットカードはもう発行できないと思って良いでしょう。
社内ブラックの方がやっかいと言えますね。

■クレジットカード審査に落ちてしまったら

クレジットカードの審査に落ちてしまったけれど、どうしても欲しい!あきらめきれない!ということもあるでしょう。
一度審査落ちしたクレジットカードは、もう発行できないと残念ですね。

クレジットカードは一度審査に落ちたからといって、今後も審査に落ちる…ということはありません。
2度目、3度目の挑戦で、審査を通過するケースもあります。
どうしても欲しいクレジットカードであれば、再度申込をするのはおすすめです。

しかし審査に落ちた直後に再度申込をするのがいけません。
現状のまま申込をしても、審査に落ちるのは目に見えています。
最低でも半年はあけてから、再度申込をするのが良いでしょう。

そして何の対策をせずに、申込みをしてもまた審査に落ちてしまう…となるでしょう。
審査に落ちた原因を、しっかり考えるようにしましょう。
原因がわかれば、審査対策をすることができます。
勤続年数が短ければ、時間が経過してから申込をすれば良いです。
借入が多ければ、借入を整理してから申込をすれば良いです。
審査落ち原因を改善することで、クレジットカード審査に通りやすくなります。

また審査に落ちてしまったので、別のクレジットカードにしよう…と考える方もいるでしょう。
この時も、申込をするのは半年経過してからの方が良いです。
クレジットカードに申込みをすると、個人信用情報に記録されます。
申込をしているのに契約の記録がないと、審査におちたということがわかります。
他社のクレジットカード審査に落ちているなら、返済能力に問題があるということになるでしょう。
そんな人にクレジットカードを使わせるのはリスクが大きいと判断され、審査に落ちやすくなってしまうのです。
クレジットカードへの申込記録は、6ヶ月経過すると自然に消えます。
6ヶ月経過すれば、クレジットカード審査に落ちていることは他社にわからないようになります。

クレジットカード審査に落ちたからといって、他のクレジットカードにたくさん申込をする…というのはやめましょう。
クレジットカードはたくさん申込をすれば、1枚くらいは審査に通る…というものではありません。
クレジットカードは1度に申し込みをする数が多くなるほど、審査には落ちやすくなってしまいます。
クレジットカードが急にたくさん必要になるほど、お金に困っている状態と思われてしまうためです。
申込をする枚数は1か月にできれば1枚ずつ、多くても3枚程度にしておきましょう。

■審査が甘いクレジットカード国際ブランドは?

クレジットカードには、国際ブランドがいくつかあります。
日本で発行されているのは、VISA、JCB、マスターカード、アメリカンエクスプレス(アメックス)、ダイナースの5大ブランドです。
海外で発行されているディスカバーと銀聯を加えて、7大国際ブランドと呼ばれています。
クレジットカードは、どの国際ブランドが審査通過しやすいのか?と思うことがあります。
少しでも審査通過がしやすいなら、そのブランドを選びたいですよね。

クレジットカードの審査は、国際ブランドにより差があるということはありません。
例えばイオンカードはVISA、JCB、マスターカードがあります。
この場合どの国際ブランドを選んでも、審査結果は変わらないということです。
国際ブランドを選ぶときは、審査ではなく他の視点で選ぶのが良いでしょう。
自分がまだ持っていないブランドにする、使いたい場所で対応している国際ブランドにするなどといった方法で選ぶのがおすすめです。

クレジットカードの審査難易度は、国際ブランドではなく発行元で判断するのがおすすめです。
たとえば同じVISAブランドのクレジットカードでも、発行元が銀行系と流通系なら流通系の方が審査が甘いでしょう。
よく勘違いされるのが、マスターカードブランドのクレジットカードは審査が甘いということです。
これは消費者金融のクレジットカードであるACマスターカードが、審査が甘いと言われるためです。
マスターカードという名前が付いているので、どれもマスターカードなら審査に通りやすいと思ってしまうのでしょう。
実際はマスターカードブランドも、発行元により審査難易度は異なります。
銀行系のマスターカードブランドとACマスターカードなら、銀行系の方が審査には通りにくいですので注意をしてください。

ただ同じクレジットカードでも、国際ブランドにより若干審査基準が異なることはあります。
例えばANAカードがあります。
ANAカードはいくつかのクレジットカード会社と提携して発行されており、審査は提携先のクレジットカード会社が行っています。
ANA VISAカードちANA マスターカードは三井住友VISAカード、ANA JCBカードはJCBカード、ANAアメリカン・エクスプレス・カードはアメックスが発行、ANAダイナースカードはダイナースクラブが審査を行っています。
そのため審査方法は同じではなく、若干審査結果に差が出ることは考えられます。

■クレジットカード審査にかかる時間

クレジットカードに申込みをすると、審査が行われます。
気になるのは審査結果ですよね。
申込からどのくらいで審査が完了するのでしょうか。

審査期間はクレジットカードにより異なっています。
早いクレジットカードだと、30分程度で審査結果が届きます。
私自身の体験では、申込みを終えて1分もかからず審査結果の通知が来たことがあります。
申込完了と審査完了報告のメールが、ほぼ同時に届いていたのです。
このクレジットカードは、審査を機械で行っていると思われます。
オンラインで申込みされたデータを機械にかけ、一定の条件をクリアしていると審査通過ということになるのでしょう。
特に問題がなければ、審査は数十秒で完了することがあるんですね。
この速さにはびっくりしてしまいました。
ただ機械にかけ何らかの問題があれば、人の手により審査が行われます。
その場合は審査に数日間はかかるようです。

審査に時間がかかるクレジットカードは、1週間~2週間程度かかることもあるようです。
これはちょっと時間がかりすぎと感じるでしょう。

一般的には審査が甘いクレジットカードは審査時間が短く、審査が厳しいと審査時間に時間がかかると言われています。
審査に不安があるなら、すぐに審査結果が出るクレジットカードを選ぶのが良いでしょう。

審査に時間がかからないクレジットカードは、発行も早い傾向にあります。
クレジットカードの発行に時間がかかるのは、審査に時間がかかるのが要因です。
審査結果が早く出れば、発行が早いのは当然かもしれませんね。

最短となるのは、即日発行のクレジットカードです。
即日発行のクレジットカードは、審査は30分程度で完了します。
その後店舗にクレジットカードを受け取りに行くと、即日発行が可能となります。
早くクレジットカードを欲しい時は、即日発行のクレジットカードがおすすめです。

即日発行ができるクレジットカード

・ACマスターカード
審査は30分程度で完了します。
無人契約機のアコムで発行すると、即日発行が可能です。
ACマスターカードは消費者金融の発行で、審査に通りやすいクレジットカードです。
審査通過できなければ即日発行は無理ですので、審査通過しやすいというのは重要です。

・セゾンカード・インターナショナル
審査は最短30分程度です。
西友などにあるセゾンカウンターで発行すると、即日発行ができます。
クレジットカードだけでなく、ETCカードの即日発行も可能です。